ヒアルロン酸って、サプリで有名だけど本当は何物?

貴重な身体が生み出す美肌成分のひとつです

無色透明でぬるぬるした粘りのある液体であるヒアルロン酸は、人間の身体の至る所に存在しています。特に細胞と細胞の間に多く存在し、水分の保持やその粘りによるクッション効果で、細胞を保護する働きをしています。ヒアルロン酸の水分保持効果は強烈で、皮膚の真皮に多く存在するヒアルロン酸は、肌のぷるぷるした感じを保つのに一役買っています。残念ながら、ヒアルロン酸は加齢と共に減少する傾向があり、いわゆる「肌の衰え」と関係しています。

関節の潤滑剤としても欠かせません

ヒアルロン酸は、関節においては関節液や関節軟骨に多く存在しており、関節の保護や関節がスムーズに動くための潤滑剤として、大切な働きをしています。加齢と共に生じるヒアルロン酸の減少は、貴重なクッションや潤滑剤の減少でもあり、膝変形関節症や五十肩と関係していると思われます。実際、痛みの発生した膝関節ヒアルロン酸の注射をすると、すり減った軟骨表面を覆って関節のを保護し、動きを滑らかにして痛みを軽くします。

サプリとしては期待薄、でも化粧品には欠かせません

若返りの妙薬みたいなヒアルロン酸なので、これを含んだサプリも多く販売されているようです。でもヒアルロン酸は、ただ飲んだだけでは、あまり効果がありません。消化器から身体に吸収されると全身に散らばってしまうので、思ったように皮膚の表面にたどり着いて美肌を保ったり、関節にたどり着いて痛みを軽減する、という訳にはいかないからです。にもかかわらず、ヒアルロン酸は一方で多くの化粧品に配合されて、美肌作りに一役かっています。ヒアルロン酸には皮膚の上で広がって膜をつくり、その強烈な保湿力で肌からの余計な水分の蒸発を防ぐ、ガード効果が期待されているのです。

ヒアルロン酸はしわやたるみの改善や豊胸など様々な美容の施術に利用されており、体には害を与えないので安心です。