気になるけど人には聞けない!わきがの治療方法とは?

わきがの治療での注意点

わきがは、症状によって治療方法が異なるといった特徴があります。治療を受ける事が出来るのは、皮膚科と美容外科となっています。皮膚科で手術を受ける場合であれば保険を適用する事が出来るので初めて診察を受けるといった方は最初に皮膚科を利用する事で費用を抑える事が出来る事を覚えておきましょう。また、わきがは、手術をする事なく抑える事も可能となっているので診察の際に担当の医師の方としっかりと相談し、治療の方針を決める事が必要となります。

軽度のわきがの治療方法

わきがの症状が軽度の場合の主な治療方法として、ボトックス注射とレーザー治療が挙げられます。どちらの治療方法もわきがの原因となっているアポクリン腺やエクリン腺といった汗腺の汗の分泌を抑える事が目的となっています。また、共通点として痛みがほとんどない事や手術跡が残らない事から高い人気があるんですよ。ボトックス注射の場合、費用を抑える事が出来ますが効果が半年から1年程度となっていて、レーザー脱毛の場合、効果がほぼ永久的となっていますが、費用がボトックス注射より高いといったそれぞれに異なるメリットとデメリットがあります。

重度のわきがの治療方法

わきがの症状が重度の場合、原因となっているアポクリン腺や汗腺を取り除く事が主な治療方法となっています。マイクロリムーブ法では、腋に小さな穴を開け管を使用する事になります。剪除法腋にメスで切り込みを入れ汗腺を1つずつ取り除きます。どちらの手術も半永久的に効果を維持する事が出来る事や手術に1時間程度の時間が必要になるといった特徴があります。剪除法は、費用を押せる事が出来ますが、手術跡が2センチ程度残るといったデメリットがあり、マイクロリムーブ法では、手術跡は残りませんが費用が高くなっているといったデメリットがあります。

わきがは汗腺の一種であるアポクリン腺の脂質分が皮膚に常在している細菌によって分解され、強い臭いを発生させる病気です。